むくみを効果的に解消する方法を知る~サプリメントでむくみ解消~

背中

頑固な目の疲れに

男性

パソコン作業を見直そう

休憩や睡眠をとってもとれない目の疲れのことを眼精疲労といいます。症状としては、目ぼやける、かすむなどの視覚的な症状があります。こちらは自動車の運転などに支障をきたすこともあるため、眼精疲労がピークなときには自動車の運転を控えましょう。また、目が痛い、充血する、涙が出るなどの違和感も生じてくるので、日常生活にも影響を与える厄介な症状と言えます。さらにひどくなると、目だけでなく体全体に症状が現れることも少なくありません。肩こりや頭痛、めまい、吐き気など体の症状となって表れることもあります。特に仕事でパソコンを使う方は、眼精疲労だからといって作業をしないわけにはいかないので、目の負担を軽減し、症状が改善するように作業環境などを見直すことをおすすめします。今すぐできる眼精疲労対策としては、まず、パソコン画面の輝度を下げることです。これだけで目への負荷が大きく減ります。また、視線がやや下向きになるようにモニターの高さを下げ、最低40cmは画面から顔を離すようにするとラクになります。また、パソコン画面を集中して見ていると、どうしてもまばたきの回数が減ってくるので、意識してまばたきするよう心掛け、1時間ごとに5分から10分程度の休憩をとるようにしましょう。その時に首や肩、目の周りをほぐすマッサージやストレッチをすると血行が促されて疲労がとれやすくなります。

効果的な温冷アイパック

眼精疲労は、目の筋肉が凝り固まって血行が悪くなるのがその一因です。そこでお勧めしたいのが、即効性のある温冷アイパックです。清潔なタオルに水を含ませてラップで包み、レンジで1分ほど温めると蒸しタオルができます。それを目の上に乗せて3分ほど温めます。目の周りの血行が促され、かなり疲れが和らぎます。その後、冷却ジェルパックなどで冷やすといっそう効果的です。疲れがひどい場合は、これを何回か繰り返すとラクになります。会社などで休憩時間に行う場合は、市販のホットアイマスクなどを利用するとよいでしょう。このほか、眼精疲労に効く目薬や、目の疲れを緩和するサプリメントなどもあり、身体の内と外からケアしていくことも早期回復のためにおすすめです。